EDGE HOUSE -BASS-  
12月のEDGE HOUSEはBASS HOUSEをフューチャー。EDGE HOUSEの解釈におけるBASS HOUSEを中心としたパーティを展開する。Tchami率いるConfessionより新譜「JAXX DA FISHWORKS & Dread MC – Paranoia」をリリースしたばかりのJAXX DA FISHWORKSが久々にEDGE HOUSEへ出演決定!まさにこの回にふさわしいゲストだと言える。ベースが唸るフロアで踊りましょう。

DJ

JAXX DA FISHWORKS
世界No.1ダンスミュージックブランドMinistry of Sound、そして姉妹ブランドHed Kandiとの専属契約を交わし、公式ツアーDJ/ラジオDJに抜擢される。2012年、 Amsterdam Dance Eventに出演。Ministry of Sound & Hed Kandiプロジェクト、更に海外レーベルでのリリースを精力的に進める傍ら、世界的ダンスミュージックカンファレンスでもスポークスマンとして活動するアーティストの一人である。

monielu.h
“宇宙を感じさせるようなTech House”を主体としたプレイスタイル。非日常的な体験をテーマに、丁寧なMIXを大事にしている。予想外なハウスミュージック体験はいかがでしょうか!

KENTACATS & KZMT
2000年代後半にダンスシーンを席巻したエレクトロ旋風の真っ只中をダンスフロアで過ごした彼らがDJを始めるのはごく自然の流れだった。都内クラブでフレンチエレクトロ勢と多数共演。イビサで4ヶ月間の武者修行したKZMTと、都内主要クラブで活躍を続けるKENTACATSが出会ってから10年後の2019年にローンチしたEDGE HOUSEのレジデントDJとして抜擢された二人は必然的にDJデュオ”KENTACATS&KZMT”を結成。

CARTOON
名古屋発、東京経由、世界発信。現在はTech House、Techno、Houseを自由に行き来するプレイスタイル。ソロユニット CATN として、”good morning ▲▲▲”が雑誌“BLENDA”の表紙のメイキング動画楽曲に採用されなど、ファッション業界からも注目を浴びている。2016年は世界的デザイナー山本寛斎のイベントでもプレイし話題となった。

HERBALISTEK
Herbalistek (ハーバリステック)は東京を拠点に活動するDJデュオ。Herbalistekの生み出すメロディーは多種多様だが、メインとなるサウンドはエクスエリメンタルトラップ、ベースミュージックのジャンルに属する。彼ら独自のエディットを加えた楽曲と、彼ら自身のオリジナルトラック、そして新旧のベースミュージックを織り交ぜながら、リズミカルかつ爆発力のあるトランジションでフロアを沸かせる。

TOMOYA
1996年4月2日 福岡県生まれ。 17歳の時にDJを始める。 福岡の大型クラブの専属DJとしてキャリアを積み関東、関西でのクラブイベントやファションイベント、雑誌のパーティなど様々なイベントに出演。 2017年から拠点を東京に移し、活動の幅を広げている。2019年EDGE HOUS[email protected]渋谷SOUND MUSEUM VISIONのレジデントに抜擢される。

KENGO & MEPHI

VJ

VJ Manami
2010年よりVJのキャリアをスタートし、都内のクラブを中心に活動しながら数多くの大型フェスにも出演。Fujirock FestivalではGanban StageのVJ兼ステージの映像ディレクターとして起用され2019年にはFujirock全体のコンセプトビジュアルを担当。ジャンルや枠にとらわれないボーダレスな世界観、VJならではの空間演出されたデザイン性の高い映像が評価されている。

Shun Nagasawa
2017年にクラブVJを開始、現在はWOMB、ageha、OCTAGONと活動の幅を広げている。平日はTV局でCGデザイナーとして働く傍で、自主制作した確かな世界観のある映像表現でクラブシーンを、盛り上げていく。