下部のチャットは+/-ボタンでチャット画面を開閉可能です。皆様でご利用下さい。

こちらのページでは540pまでの解像度でご覧頂けます。
動画画面右下のマークで全画面表示が可能です。隣の歯車マークで画質、隣は音量の設定が可能です。
ご視聴環境によって、配信が途切れる場合は歯車マークの設定を360pなどに下げるなどをお試し下さい。

 

Supported by

WED 12 AUGUST 2020

BS0xtra at Contact

出音に定評BS0xtra
ブリストルを中心としたサウンド&カルチャーをここ東京に浸透させるべく活動するBS0による、平日モードな番外編BS0xtra。ダブやダブステップ、グライム、ジャングル、ブレイクビーツ、テクノなどを“現代のパンク”と捉えるDJ達が、音と相性抜群なContactのサウンドシステムを通してフレッシュに混ぜ合わせていく。水曜日だからこそ、リラックスしながらも実験精神に満ちたxtraの空間が、クラブは孤独を楽しむことができる場所だと気づかせてくれるだろう。偶数月第2水曜日、誰かが欲しかった“こんな音”が鳴る“こんな場所”が、渋谷のど真ん中の地下に生まれようとしている。それを完成させるのは、ひとりひとりのあなただ。(文: 麻芝拓)

  • 19:00

     

    Osam Green Giant (Soi Productions | BS0)

    90年代中頃からDJとしてのキャリアをスタートさせる。DISC SHOP ZERO主催、青山MIXでの”(0)117″にスタート時より関わる。その後日本国内において長いキャリアを誇る野蛮ギャルドなドラムンベースパーティSoiに、2006年より参加。
    近年では2015年に始動した新たなイベントBS0のメンバーとしても活動中。枠組み、ジャンルにとらわれることのない幅広い選曲を信条とする。

  • 19:30

     

    KILLA

    2004年頃からレゲエセレクターとして活動を開始。活動の傍ら、レゲエを掘り下げていくうちにダブという手法に出会い、そこで大きく自分の人生を変えられてしまう。Outlook Festival Japanミックスコンテスト、3年連続セミファイナリスト。アジア最大級のベースミュージックの祭典Outlook Festival Japan Launch Party2015、2016に連続出演。

  • 20:00

     

    NullDaSensei

    2001年、アブストラクト、ヒップホップDJとして活動を開始する。ビートメイクではVoodoo Beatbattle 4thで優勝。ライブバンド、ラップトップDJユニットAbsurd Square等の様々な音楽活動を経て現在に至る。DJではドープでフレッシュな選曲を意識し、ダブ・レゲエ・ヒップホップ・ブレイクビーツ・ジャングル・ドラムンベース・ハウス・テクノ等のジャンルをプレイする。

  • 20:30

     

    DADDY VEDA (Antidote Concilium)

    ヒップホップ、ダブ、ベースミュージック、サウンドシステムミュージックを咀嚼しながら、独自のRebel Beatzを追求するビートコンダクター。2000年代初頭に名古屋にてライブパフォーマンスを開始。DJ/ターンテーブリストとのユニットRebel Beatzを結成し東海地方を中心に活動。2007年に東京に拠点を移し、現在はベースミュージック、サウンドシステムミュージックを咀嚼しながら、キラーダブを着々と製造し現場に投下。

  • 21:00

     

    Mars89 (Noods Radio Bristol)

    DJ/コンポーザー。 2016年にEP「East End Chaos」をリリース。 それを足がかりに2017年に「Lucid Dream EP」をレーベル〈Bokeh Versions〉からダブプレートとカセットテープというフォーマットでリリース。2018年にはBokeh Versionsから12インチ「End Of The Death」をリリース。ブリストルのNoods Radioではレジデントを務める。

  • 21:30

     

    KILLA

  • 22:00

     

    NullDaSensei

  • 22:30

     

    DADDY VEDA (Antidote Concilium)

  • 23:00

     

    Mars89 (Noods Radio Bristol)

SAT 15 AUGUST 2020

TURN OVER at SOUND MUSEUM VISION

DJ CHARIがレジデントを務める第一第三土曜日開催の大人気ヒップホップパーティ「TURN OVER」

  • TBA

     

MON 17 AUGUST 2020

秋葉原重工 at Contact

  • DJ

     

    TAKAMI

    1995年からDJを始め、現在は国内最長寿テクノパーティREBOOTやアフターアワーズの決定版BUZZ×3のレジデントDJとして活躍中。2012年6月より日本初のダンス専門インターネットラジオblock. fmにてradio REBOOT(毎週火曜日23:00-) をレギュラー担当。テクノを基本とした独自のファンキーな選曲と安定感のあるプレイスタイルは、幅広いオーディエンスやDJの間で評価が高い。

  • DJ

     

    wat

    東京都在住。秋葉原MOGRAで不定期開催されている秋葉原重工でのDJや、トラックメイキングなどにおいて、もろもろの要素を広義のテクノとして捉えつつゆっくりと活動。

  • DJ

     

    Hiroshi Okubo

    ゲームサウンドクリエイターとしてこれまで数多くのサウンドデザインおよびトラックメイクを担当し、数多くのゲームサウンド制作に携わる。90年代にドライブゲーム用トラックとしてNYのハウスレーベルとコラボレーションし、ゲーム音楽の世界にハウスミュージックを取り入れた張本人。nanosounds.jp名義にてさまざまなプロジェクトに参加。Eテレ出演、TVアニメの音楽プロデューサー、VJなど幅広い活動を展開中。

  • DJ

     

    orinetone

    多くの言葉はいらない。音が伝えてくれる楽しい気持ちは言葉のずっと先にある。いろんな音を縦横無尽に 楽しい気持ちのおもむくままに『音を織りなす』。それがorinetone。

  • DJ

     

    Takayuki Kamiya

    愛知県名古屋市生まれ。DJとしての活動を開始後に関西や広島へ移り住み、現在は東京都内在住。現在は秋葉原MOGRAにて不定期開催中の秋葉原重工 – Akihabara Heavy Industry Inc.を中心に、テクノを軸にした活動を行っている。

  • VJ

     

    clocknote.

    秋葉原重工造形セクション。Diverse System所属。デザイナ―。人理修復・デンチナマズの奪還など、活動は多技に渡る。

  • VJ

     

    KAZUMiX

    秋葉原重工のVJ。かつてはゲーム関連の映像制作を行うモーショングラフィッカーだったが現在はプログラマーと呼ばれている。

  • VJ

     

    neknee

    本業のWebを中心とした様々なメディア制作の傍ら、2004年頃からVJ活動を開始。昼はキーボードを目一杯叩き、夜は情熱的にビデオミキサーを叩き、日曜日にはホットケーキを焼く。

©2020 GLOBAL HEARTS CO.,LTD